新着情報

スリランカ

2018.12.09

スリランカ料理ランチ会を開催!

内装工事、小ロットOEM、デザイン、商標調査など

幅広く事業している中で、皆様からも興味を持って頂けているのが

スリランカ事業のLANLANLANKA事業部です(^^)

スリランカのことをもっと知ってもらいたいということから、

本場のスリランカ料理を食べながら、

スリランカについてお話しするランチ会を開催することにしました!

●スリランカについて知りたい人
スリランカが好きな人
●いろんな交流を持ちたい方

などなどどんな方でも大歓迎です(^^)

名刺交換やパンフレット・チラシ配布OKです!
ランチ会で、PRしたいことがあれば、事前に言って頂ければ時間を作ります♪

ぜひ、ご参加お待ちしております!

以下詳細です♪♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スリランカ料理ランチ会 第1回
「LANLANLANKA」主催のランチ会です。

日時:平成30年12月20日(木)12持~14時
場所:東京都大田区蒲田5-12-12 アーヴェストホテル蒲田(東口)
費用:1500円
人数上限:15名

ぜひ、お気軽にご参加下さい!
参加のお申込みは、

こちらのホームページのお問合せ先か、
Masway公式Facebookにメッセージ、コメント、参加ボタンにて
お願い致します!

2018.08.19

出展します!

 小ロットでの充填、OEMを中心に行っているMaswayですが、

以前から述べているように、スリランカのハーブティーも作り、販売しています。

 

この度、9月1日・2日に開催される

『スリランカフェスティバル in 山武市』

に出展することとなりました!!

 

千葉県の山武市は、東京オリンピック・パラリンピックの

スリランカ選手団の事前キャンプのホストタウンです。

山武市がホストタウンづくりに向けて、

山武市に住む住民に、「スリランカの文化を知ってほしい」

という想いで開催されることとなりました。

そして、Maswayはこの山武市から、

「ブースでハーブティーを販売して欲しい。」

とお声をかけて頂きました!

こじんまりしたとしたイベントですが、

千葉県でお近くにお住まいの方にも、来て頂けたら嬉しく思います!

お待ちしております!!!

2018.07.26

幻のハーブ“神の恵み”『コタラヒムブツ』

スリランカとのコネクションを強く持つMaswayですが、
スリランカ政府から正式な輸入権を得て、
扱うことを許可されている植物があります。

今回は、その植物についてです。
スリランカの幻のハーブであり、
スリランカでは“神の恵み”と言われている
『コタラヒムブツ』
という植物があります。


コタラヒムブツは、スリランカ原産のサラシア属のツル性植物です。
学名は、
サラシア・レティキュラータ・ワイト
と言います。

後に述べますが、
同じサラシア植物がコタラヒムブツと同様のものとして出回っています。この名前を頭の片隅に入れておいて下さいね。


スリランカのみに自生するこの植物は、
スリランカでも標高1000メートル以上の
高地でしか生息しません。



ハーブとして利用できるようになるまで、
最低でも7年かかります。
コタラヒムブツ内で蓄えられる薬効と
害のある成分が無くなるまでが、
この年月かかると言われています。

その為、スリランカ政府は、
乱獲防止や自然保護の目的で『海外輸出の規制』を行い、
保護育成して来ました。

コタラヒムブツは、長い間、
世界のどこにも輸出されていなかったことから、
【幻のハーブ】と呼ばれ、
スリランカの公用語であるシンハラ語では、
“神からの恵み”を意味します。

スリランカでは、5000年以上前から、
伝承医学であるアーユルヴェーダで
このコタラヒムブツを煎じたお茶を飲むことで、
糖尿病予防薬として使用
されてきました。



スリランカの王族は、
代々コタラヒムブツのカップの中に水を入れ、
コタラヒムブツのエキスたっぷりの水を
病気の予防のために飲んでたと言います。

コタラヒムブツの最大の機能は、糖尿病の予防効果です。
これは、アーユルヴェーダの教典にも記されています。
ちなみに、糖尿病という名前は、
最近つけられた名前ですが、
アーユルヴェーダの教典の中には、
「チャカラ・サンヒター」と記されています。

そんなコタラヒムブツですが、
日本国内ではインド産やブラジル産というものまで出てきました。
サラシア属は、これまで世界で120種類見つかっているので、
似て非なる植物が多いのです。

もっとも間違えられているのは、インドのサラシア・オブロンガです。

コタラヒムブツは、幹のみを使用しますが、
オブロンガは根のみを使用します。
各国の土壌や生息する条件が異なり、使用する部位が異なるので、薬効成分が異なります。
つまり、全く別物なのです。


コタラヒムブツは
これまで日本でも研究されてきており、
血糖の上昇を抑えることが報告されています。
二次的な効果として、
ダイエットや腸内改善、二日酔い改善など期待できます。

この、【幻のハーブ】を
Maswayでは自社商品としてハーブティーで検討しています。

またOEMをご希望の方は、
コタラヒムブツの原木を卸すことやエキスを抽出した粉末を卸すことも
製造からパッケージまでMaswayで行なうことも可能です。

いつでも、ご連絡下さい!(o^^o)

2018.05.26

アーユルヴェーダティー作ります!

 Maswayでは、化粧品や健康食品の小ロット~OEMを行っておりますが、

スリランカとのご縁を通じて、

「日本人の健康のためのスリランカ産ハーブティー」

を作ることに致しました!

※以前に、前アーユルヴェーダ大臣のバンダラナイケ様から頂いた日本人と日本企業のサポーターとして認定頂いたお手紙です。

※戦後の日本を4分割統治から救ってくれたジャヤワルダナ前大統領

Maswayとして、小ロットですが自社商品も展開していきます。

スーパーフードで知られるゴツコラを中心に、

スリランカのハーブティーを作ろうと思っています。

①ゴツコラティー(GOTUKOLA TEA)
【ゴツコラについて】スリランカで一般的に食されているセリ科の野菜「ゴツコラ」。鉄分が豊富であり、ビタミン、ミネラルが多く含まれているだけでなく、脳の働きを活性化するとして近年大きな注目を浴びています。ゴツコラは記憶力を高めるハーブとして、お茶やサプリメントなどとして飲まれています。

②ラナワラティー(RANAWARA TEA)
【ラナワラについて】スリランカで大変人気のあるハーブ。昔から若返りのハーブ。美のハーブとして飲用されてきました。アーユルヴェーダの文献にも効果が記載されています。女性の生理中の不快感の緩和、ホルモンバランスの調整、整腸、血流促進、抗酸化作用、尿のデトックスをサポートすると言われています。

③カレーリーフティー(CURRY LEAVES TEA)
【カレーリーフについて】スリランカで毎食食べられるカレーに入れるハーブ。抗酸化作用、血液浄化作用が主な働きと知られ、伝統的に高血圧、心臓病、糖尿病の治療に利用されています。コレステロールや中性脂肪の低減にも有効とされていて、近年の研究では虫歯予防の作用があることも分かっています。

④ベリマルティー(BELIMAL TEA)
【べリについて】スリランカでは古くから飲用されているハーブ。休憩のひと時にジャガリ(孔雀椰子の固形糖蜜)をかじりながら飲みます。ベリは呼吸器などの、多く器官の問題緩和のサポートが期待できるハーブとして古くから飲用されています。

この4種を考えています。

個数限定にはなりますが、

おおよそ1袋20包~30包で1,000円で考えています。

1種類のハーブティー25包で1,000円

4種類のハーブティー各5包計20包で1,000円

というような内容を考えています。

6月中旬には発売出来るように計画しています!

ご興味のある方は、ぜひお問合せ下さい(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

早め(発売開始前)にご予約頂ける方は、700円で販売致します!

それでは、また発売日など決まりましたら、

ご案内させて頂きます!

2018.04.10

スリランカのことはお任せください!

スリランカという島国に行くようになり、1年半。

短期間で5回の渡航をしています。

その中で、パンドゥ・バンダラナイケ様と秘書のラキプリア様の出会いがありました。

パンドゥ・バンダラナイケ様は、アメリカでいうケネディ家で

スリランカのロイヤルファミリーの方です。

スリランカの国家として、様々な職務につき、

2006年ー2007年 環境省副大臣
2007年ー2010年 宗教省大臣
2010年ー2014年 伝統医療省(アーユルヴェーダ省)副大臣
2015年ー2016年 国務大臣
2017年ー         技能開発・職業訓練省顧問

スリランカの環境から医療分野まで幅広く活動されています。

バンダラナイケ様の従姉は大統領で、

そのお母様が世界初の女性首相であり、お父様も首相でした。

そんなバンダラナイケ様と秘書のラキプリア様から、

「あなたは、とても日本人だ。多くの日本人と会ってきているが、

誠実でトップクラスに信頼できる。」

と言って頂けました。

とても高貴な方に、そのように言って頂けて嬉しかったです。

この言葉を聞いた時に、思わず涙ぐんでしまいました。

秘書のラキプリア様は、今では家族ぐるみの付き合いで、

スリランカに行くと快く家に泊まらせてくれます。

奥様もお子様からも、

「日本人いっぱい知っているけど、あなたみたいに優しくて、

良い人は初めてです。」

と言ってもらえました。

本当にこのような方達に認めて頂けて、嬉しい限りです。

スリランカはかつて敗戦した日本を救ってくれた国です。

日本の素晴らしい技術とスリランカの素晴らしい環境を、

お互いに活かし合えるように、しっかりとパイプ役になろうと思います!!

スリランカに関する相談がございましたら、

お問合せページから、何なりとMaswayへご連絡ください!

株式会社マーズウェイ

tel:090-1771-1332
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東1-1-1

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せ下さい。

Copyright (C) Masway Co.,Ltd. All Rights Reserved.