新着情報

2018.09.23

≪特許≫と【商標】の違いって何?

Maswayでは弁理士が、特許や商標に関するコンサルティングや

「自分で出願できるように」指導を行っております。

特許や商標は、小ロットからのOEMなど美容関連を行っている事業と

とても密接な内容です。

オリジナルで作った化粧品の商品名の商標が取られていたら。。。

資金を貯めて、想いを込めた店舗の名前が商標が取られていたら。。。

ITを絡めて新たなビジネスを使用としていた内容が先に特許を取られていたら。。。

そんな点から、特許や商標はとても関連します。

今回はシンプルに、そもそも特許と商標の違いは何ですか?

ということを述べます。

特許は、技術的なアイデアを保護します。
商標は、商品やサービスを識別するマークです。

特許は、出願時に新しいということが条件ですので、出願するまでアイデアを公開してはいけません。
商標は、新規性は必要とされていませんので、マークを使用した後に出願することができます。

特許は、出願してから20年で権利が消滅します
商標は、10年ごとに更新すれば権利が存続する永久権です

これって特許になるのかな?商標になるのかな?

と迷ったら弁理士に相談するとよいかと思いますが、

特許事務所では、30分の相談でも有料であることが多いです。

まずは、弊社にお気軽にご相談ください!

2018.09.21

オリジナル商品持ちたいけど、どうしたらいいの?

 オリジナル製造を企画からデザイン、製造まで行うMaswayのOEM事業ですが、

オリジナル商品を持ちたい方にとっては、とても便利で使い勝手の良い事業になっています。

「オリジナル商品を持ちたいけど、どうしたらいいの?」

そんな悩みをワンストップで解決します!

使い勝手の良い理由、第3位!
・アバウトな商品イメージだけでも、商品企画をしてもらえる
⇒なんとな~くのイメージだけをお話ししただけで、試作してもらえて驚きました!と言って頂けました。

第2位!!
・中身の製造だけじゃなく、面倒な容器の手配やデザイン案まで行ってもらえる
⇒容器もデザインも全部お願いできるところを探してました!と喜んで頂けました。

第1位!!!
・初めて作る際に、親身に聞いてくれて細かく予算やデザイン、成分について
「分かりやすく」説明してくれる
⇒素人の質問にも分かりやすく、上から目線じゃなかったので、安心して相談出来ました!と言って頂けました。

やはり、初めてオリジナル商品を作りたいと思っても、知識がなくて不安。。

という方が多くいらっしゃいますね。

一般的にオリジナル商品を作るためには、

製造会社、容器会社、デザイン会社の3社と打合せなければいけません。

製造会社に問い合わせて、せっかく中身も満足したのに、

容器会社で容器の見積りを取ってみたら、ロットが大きいし、お金もかかる。。

容器を印刷してもらおうにも、ロットが大きい。。

製造会社で容器の手配と容器の印刷をお願いしても、対応してくれない。。。

きっと、このように困った方はたくさんいると思います。

そしてオリジナル商品を作ることを諦めてしまった。そんな方もいると思います。

Maswayでは、OEMを小ロットでも大きいロットでも、ワンストップで対応しています。

デザイン案だけでもOK!中身のバルク製造だけでもOK!小ロットの容器だけでもOK!

予算に合わせて商品を企画しますので、

いつでもお気軽にご相談・ご連絡ください(^^)

2018.08.19

出展します!

 小ロットでの充填、OEMを中心に行っているMaswayですが、

以前から述べているように、スリランカのハーブティーも作り、販売しています。

 

この度、9月1日・2日に開催される

『スリランカフェスティバル in 山武市』

に出展することとなりました!!

 

千葉県の山武市は、東京オリンピック・パラリンピックの

スリランカ選手団の事前キャンプのホストタウンです。

山武市がホストタウンづくりに向けて、

山武市に住む住民に、「スリランカの文化を知ってほしい」

という想いで開催されることとなりました。

そして、Maswayはこの山武市から、

「ブースでハーブティーを販売して欲しい。」

とお声をかけて頂きました!

こじんまりしたとしたイベントですが、

千葉県でお近くにお住まいの方にも、来て頂けたら嬉しく思います!

お待ちしております!!!

2018.07.26

幻のハーブ“神の恵み”『コタラヒムブツ』

スリランカとのコネクションを強く持つMaswayですが、
スリランカ政府から正式な輸入権を得て、
扱うことを許可されている植物があります。

今回は、その植物についてです。
スリランカの幻のハーブであり、
スリランカでは“神の恵み”と言われている
『コタラヒムブツ』
という植物があります。


コタラヒムブツは、スリランカ原産のサラシア属のツル性植物です。
学名は、
サラシア・レティキュラータ・ワイト
と言います。

後に述べますが、
同じサラシア植物がコタラヒムブツと同様のものとして出回っています。この名前を頭の片隅に入れておいて下さいね。


スリランカのみに自生するこの植物は、
スリランカでも標高1000メートル以上の
高地でしか生息しません。



ハーブとして利用できるようになるまで、
最低でも7年かかります。
コタラヒムブツ内で蓄えられる薬効と
害のある成分が無くなるまでが、
この年月かかると言われています。

その為、スリランカ政府は、
乱獲防止や自然保護の目的で『海外輸出の規制』を行い、
保護育成して来ました。

コタラヒムブツは、長い間、
世界のどこにも輸出されていなかったことから、
【幻のハーブ】と呼ばれ、
スリランカの公用語であるシンハラ語では、
“神からの恵み”を意味します。

スリランカでは、5000年以上前から、
伝承医学であるアーユルヴェーダで
このコタラヒムブツを煎じたお茶を飲むことで、
糖尿病予防薬として使用
されてきました。



スリランカの王族は、
代々コタラヒムブツのカップの中に水を入れ、
コタラヒムブツのエキスたっぷりの水を
病気の予防のために飲んでたと言います。

コタラヒムブツの最大の機能は、糖尿病の予防効果です。
これは、アーユルヴェーダの教典にも記されています。
ちなみに、糖尿病という名前は、
最近つけられた名前ですが、
アーユルヴェーダの教典の中には、
「チャカラ・サンヒター」と記されています。

そんなコタラヒムブツですが、
日本国内ではインド産やブラジル産というものまで出てきました。
サラシア属は、これまで世界で120種類見つかっているので、
似て非なる植物が多いのです。

もっとも間違えられているのは、インドのサラシア・オブロンガです。

コタラヒムブツは、幹のみを使用しますが、
オブロンガは根のみを使用します。
各国の土壌や生息する条件が異なり、使用する部位が異なるので、薬効成分が異なります。
つまり、全く別物なのです。


コタラヒムブツは
これまで日本でも研究されてきており、
血糖の上昇を抑えることが報告されています。
二次的な効果として、
ダイエットや腸内改善、二日酔い改善など期待できます。

この、【幻のハーブ】を
Maswayでは自社商品としてハーブティーで検討しています。

またOEMをご希望の方は、
コタラヒムブツの原木を卸すことやエキスを抽出した粉末を卸すことも
製造からパッケージまでMaswayで行なうことも可能です。

いつでも、ご連絡下さい!(o^^o)

2018.06.22

あまり気にしない歯磨き粉のあれこれ

 MaswayのOEMの中で、歯みがき粉の製造もしています。
また、拘りとして【小ロット】の他、【無添加】という点を
追求される方々にも喜ばれる【完全無添加】OEMも行っております。
今回、お伝えさせて頂くのは、歯みがき粉にフォーカスした
「作る側が伝えたい、歯みがき粉に含まれる危ない成分」です。

まずお伝えしたいのは、体に悪い添加物です。
皆様のお使いの歯みがき粉にも、よく入っている成分なので、見てみてください!

①ラウリル硫酸ナトリウム(発泡、洗浄剤)・・・起泡、洗浄力が強い合成洗剤。
洗車用洗剤やエンジンの油落としにも使用されます。
舌の味覚細胞を破壊する恐れがあります。

②リン酸水素カルシウム(研磨剤)・・・研磨力が強く、歯ぐきを痛める恐れがあります。

③サッカリン(甘味料)・・・トルエンから合成される人口甘味料砂糖500倍の甘味料です。

④パラベン(防腐剤)・・・安息香酸ナトリウム。皮膚、粘膜、目への刺激、胃腸障害などが起こします。

⑤塩化セチルピリジニウム(殺菌剤)・・・皮膚、粘膜の壊死、消化管吸収により致死性があります。

口の中は、吸収力が高く、吸収率は皮膚の10~20倍と言われています。

これらの成分が、入っている歯みがき粉によって、

体調に影響を及ぼすかもしれない。と歯科の先生も注意を呼び掛けています。

そして、これらの成分が入っている歯みがき粉を使っていたら、

磨けば磨くほど、歯や歯茎などの口腔内の環境を悪化させているかもしれません。

食べ物の農薬などを気にすることと同じように、

歯みがき粉に危険な成分が入っていないか、ぜひチェックして欲しいと思います。

危険な成分が一つでも入っていない歯みがき粉を使って、

健やかな日々を目指してください!

株式会社マーズウェイ

tel:090-1771-1332
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東1-1-1

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せ下さい。

Copyright (C) Masway Co.,Ltd. All Rights Reserved.